助成事業 subsidy

FAQ

皆様からお問い合わせなどによく寄せられる質問を集めました。
ご不明点はこちらでご確認ください。
ここにないご質問に関しては、お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。

応募について

保育園を運営していますが、認可保育所ではありません。応募は可能でしょうか?

認可保育所以外の保育園(認可外保育施設、認証保育所、認定保育園等)は対象外となります。対象 は、認可保育所、保育所型認定こども園、幼稚園、幼稚園型認定こども園、幼保連携型認定こども園です。

幼稚園を運営していますが、個人立です。応募は可能でしょうか?

法人格を有していることが条件となっている為、対象外となります。

公立の保育所ですが、民間に業務委託をしています。応募は可能でしょうか?

公設民営になりますので、対象外です。対象は民間施設になります。

以前に貴財団の助成を受けました。今回も応募は可能でしょうか?

以前に当財団から助成を受けたことのある法人は、対象外とさせていただきます。(過去何年遡るかについては、今後、募集をする際にその都度お知らせします)

応募をすれば、必ず助成を受けられるのでしょうか?

必ず助成を受けられるというものではありません。審査のうえ助成先を決定いたします。

昨年、ダイレクトメールで助成の案内をいただいたのですが、今年は届いていません。今年は応募資格が無いという事でしょうか?

募集要項に記載の条件に合致していれば、応募資格がございます。ダイレクトメールによる案内の有無は問いません。

なお、助成の募集は、当財団法人のホームページの「お知らせ」で開示をいたします。

助成内容/対象品目等について

ロールマットとベビーベットが老朽化しているため、買換えを予定しております。両方の申請をすることは可能ですか?

申請は、原則として同一品目、同一事項とします。したがって複数の別のものを同時に申請する事はできません。ただし、セットまたはそれに準ずるもの(拡声器+マイク、机+椅子、絵本+本棚、等)であれば、申請は可能とします。

園庭遊具の申請をしたいのですが、業者からの見積りでは、設置費用や送料が含まれています。これらも助成の対象になりますか?

設備等を設置するにあたり、その設置に必要な費用は助成対象といたします。ただし、送料は対象外としております。(その他関連費用は、内容を確認のうえ、対象/対象外の判断をその都度いたします)

防犯カメラの設置について助成を希望しています。ただし、今年の6月にエアコン設置の助成を別の財団法人から受けているのですが、今回の防犯カメラの設置は助成対象になりますか?

助成対象となります。ただし、同じ品目(今回のケースでは防犯カメラ設置)について、別の団体等の補助金や助成金の給付対象となった場合、当財団法人では助成をいたしません。

現在の園児の総数は100人ですが、今後120人程に増やす計画があります。1人1つ必要なことから、今後を考え多めに130個を申請したいのですが、よろしいでしょうか?

過剰分の申請は不可です。現在の人数に合わせた数量を申請してください。

応募書類について

カタログに定価が書かれているので、こちらを購入価格がわかる資料として提出すればよろしいでしょうか?

購入価格がわかる資料とは、希望小売価格やカタログ上の定価ではなく、実際に購入をする場合の価格がわかるものが必要です。例えば、新聞折り込みチラシ、インターネット上で価格が表示されたもの、見積書などを提出してください。ただし、応募時点で見積書が取れない場合は、業者に連絡のうえ、口頭で確認した価格をもって申請してください。なお、提出された資料と実際の購入価格が異なっても問題はありません。(決定した助成上限額超過分はご負担していただきます)

決算書の写しが必要とのことですが、各園の個別の決算書類も必要でしょうか?

不要です。法人単位(法人全体)のもので大丈夫です。

助成事項の実施について

申請していた商品が、メーカーの在庫不足により期日までに納品が間に合わないようです。どうしたらよろしいでしょうか?

同等の代替品を探していただいたうえ、事前に連絡をください。特段の問題がなければ、別の商品への変更を認め、助成をいたします。ただし、事前に連絡が無い場合は、助成をいたしませんのでご注意ください。

申請時に見積をとったAEDは32万円でしたが、27万円で購入できる事がわかりました。この場合、見積をとった店舗で購入しなければなりませんか?また、安く購入できる場合、差額分で交換パットを追加購入してもよろしいでしょうか?

同じ商品であればどちらで購入しても構いません。ただし、決定した助成給付金額(上限額)超過分はご負担をしていただきます。(32万円で購入の場合、AEDの助成上限額は30万円の為、2万円をご負担)また、決定した助成給付金額(上限額)より安く購入できた場合でも、差額分を追加購入のために使用する事はできません。(実費分を助成)

Page top