財団について about us

代表理事挨拶

riji.png

 私は、昭和48年5月、テンプスタッフ株式会社を設立し、「雇用の創造」「人々の成長」「社会貢献」の企業理念のもと、人材派遣を通じ、はたらく機会をつくることで、多くの人々とともに成長してまいりました。
 自分がたった1人で作った小さな会社が、いつのまにか総合人材サービス企業として、ここまで大きなグループへと成長したことに感慨もひとしおです。私どもを支えてくださった多くの皆様にあらためて深く感謝申し上げます。
 一方、私は「社会のお役に立つために、自分は何ができるのか?」とずっと考えてきました。社会貢献として、いったい何ができるのかと。私なりにいろいろと考えた結果、保育士や介護士などの資格取得を目指す学生に、奨学金を給付することをもって支援し、社会福祉に携わる有能な人材を一人でも多く育てることで社会貢献をしよう、と決心いたしました。そこで、テンプスタッフの創業40周年記念となる節目に、社会へのご恩返しとの思いから、個人として、篠原欣子記念財団を設立いたしました。
 保育所入所を待つ児童や介護を必要とする方々が増加している現在では、これらのお仕事を担う人々の必要性がますます高まっています。この財団法人の奨学金制度を利用し、大勢の方々が保育士や介護士などの資格を取得され、社会性の高いキャリアをスタートしていただけると思うと、とてもうれしくなります。そして、卒業した奨学生のみなさんが、地域の福祉ならびに子育て支援などを通じ、それぞれの分野でご活躍なされることを心より期待しています。

設立:平成26年2月28日
一般財団法人 篠原欣子記念財団
代表理事 篠原欣子

プロフィール

昭和28年高木学園女子高等学校卒業後、三菱重工業(株)入社。昭和32年東洋電業(株)入社。34歳で英語力向上のため、スイス・イギリスへ留学。一旦帰国するものの更なる英語力向上のため単身、オーストラリアへ渡り、現地マーケティング会社「PRSA社」に社長秘書として入社、同社就労時に人材派遣システムを知り感銘を受ける。帰国後昭和48年、女性が働きやすい環境づくりを目指し、38歳で人材派遣会社「テンプスタッフ(株)」設立。資本金100万円、六本木のワンルームからのスタート。平成20年テンプホールディングス(株)設立。代表取締役社長に就任。平成25年テンプホールディングス(株)、テンプスタッフ(株)代表取締役会長に就任。平成12年からアメリカ・フォーチュン誌「世界最強の女性経営者50人」に12年連続で選出される。平成26年2月28日、私財を投じ、一般財団法人篠原欣子記念財団を設立。その後、自己の所有するテンプホールディングス(株)の株式を寄付する。

Page top